bunkoのブログ

黄昏ナースのばーばな日々

母の言葉。

ある記事を読んで

思い出したんですが・・。


若い時、いろいろあって

離婚するって決めて。



きっと『子供のために辛抱しなさい』って言われるに決まってるって思ったけど


それでも

他に頼るとこないから

思い切って実家に電話したんですよ。


そしたら母が

『あ〜〜

それならさっさと帰っておいで。

手に職があるからやって行けるでしょ。』って。


不意打ちくらいましたね。


かえって気が楽になりましたね。


すると

「もう少し頑張ってみよう」って

思えるようになったんですね。


まぁ

離婚しなかった決定打は

その頃小学一年生だった息子に

泣かれた事だったんですけどね。


「パパとママが一緒がいい。」って。


あの時の息子の顔は

一生忘れませんね。


若い時はいろいろありますよね。


主人も私も若すぎた。


今は主人を大事にしてるし

大事にしてもらってます。


今は

あの時の母の

呑気な言葉に感謝ですかね。



いつもお世話になっている神社⛩

どんな自分も

受け入れてもらえる気がします。

家族。

外孫がいます。


・・っていうか

内孫も。


みんな可愛いの。

とっても。


でも

自由に可愛がれない理由があって・・。


それは

私も悪かったんだけどね。


家族だから言えない事


家族だから難しい事ってあるよね。


よく

何でも話せる家族とか

何でも話せる親子とか

聞くけど


私は一番気を使うのは家族かなぁ。


実家も含めて

地雷を踏まないように

言葉を選んで話す。


もちろん

家族は大切にしてますよ。


どんなに外で頑張ったって

家族を幸せに出来なきゃ

何にもならないって思ってる。


のほほんと

嫁たちとも仲良く暮らせると思っていたんだけどね。


いろいろ痛い目にあって

お互い傷ついて

それでも家族やっていかなくちゃいけない。


家族って大変だよね。



スマホアプリ

面白いね。

うちのばーばは美魔女?

一時期『美魔女』が流行っていて


林真理子さんの本に


アンチエイジングという言葉に

駆り立てられて

今ぐらい年をとるのがむずかしい時代はないのではないだろうかと言うような事が書いてあったが・・。


確かに

自分の両親、祖父母の時代は

40代、50代では

中年と言うより

初老のイメージ。

それも

皆、くるくるパーマの同じ髪型。

同じファッション。

60代の祖父母に至っては

完璧な老人であった。


それが今では

寿命も延びた分(?)

20年くらい

外観も

体力も若々しい人が増えたと思う。


うちのばーば(義母)84歳。


いつもの

◯◯化粧品訪問販売のお姉さんの

素晴らしい話術(?)で

高価な『美白』クリームを

今日もお買い上げ。


ばーばのシミ?

な〜んにも変わってないよ。


嫁に買ってあげれば良いのにね。


うふふ。


美魔女は関係なかったわね(笑)




夏も終わりかな。