bunkoのブログ

黄昏ナースのばーばな日々

夾竹桃✨

「夏に咲く花夾竹桃


原爆の野に燃えている」



こんな歌詞だったかな。


長崎出身の私は

子供の頃

8月9日は登校日と決まっていました。


11時2分。


「黙祷」の声。

サイレンの音


市内の教会では

一斉に鐘の音が響きました。



「夏に咲く花夾竹桃

原爆の野に燃えている」


夾竹桃という花の名前は

この歌で覚えました。


田舎から

こちらに嫁いだ時

高速道路の脇に咲いている夾竹桃を見つけて

あの歌を思い出しました。


「故郷の街焼かれ

身寄りの骨埋めし焼け土に

今は白い花咲く

ああ許すまじ原爆を

三度許すまじ原爆を

我らの街に。」


小学生の時

登校日にはいつも合唱していた歌。

まだ覚えていました。


両親も祖父母も

親戚も隣近所の人も

みんな原爆雲を見ていたそうです。


実家から

50キロ離れた爆心地まで

祖父はリヤカーで

親戚を探しに行ったと聞きました。



夏は原爆の夏。

そんなイメージでした。


祖父母や

両親


戦争体験を伝える人が

どんどん高齢化していきます。


直接聴きながら育った者として

次の世代に

どのように伝えたらよいのか。


リヤカーで

市内に行った祖父は

たくさんの遺体を運んで焼いてきたそう。


夾竹桃をきれいな花だと思えない。

焼け野原を見てきた

悲しい花に思えるのです。





向日葵はどこを見てるのかな🌻🍀




夏はまだまだ続くけど

戦争の無い夏。

平和な夏🌻✨🌻✨

孫のサッカーのお迎えに⚽️

長男一家が

新居に入って初めての夏🌻🍉


心を病んで

再就職した息子も

少しずつ新しい会社に慣れてきたかな。


聞いてもちゃんと返事は返ってこないから

心配してもしょうがないと

普段は考えないようにしています。


2年生の孫の

サッカーのお迎えを

時々主人が

頼まれる事があります。


私も一緒に行って

汗びっしょりでボールを追う孫を

ずっと見ています。


帰りの車の中で

学校の事など

孫と話しが出来る僅かな時間。


冷やしたジュースや

アイスや・・。

あげたくても

夕飯前で孫が親に叱られるといけないので堪えます。


孫は麦茶をごくごく飲んで

何も欲しがりません。


初孫のこの子が

産まれた喜びを

自由奔放に表現した私たち夫婦は

ある日嫁に噴火されて

一切拒絶されました。


サッカーのお迎えを

頼まれるようになったのは

ごく最近のこと・・。


あんなにお喋りで

甘えん坊だったこの子は

口数の少ない

おとなびた小学生になっていました。


息子夫婦とのバトル。


息子の鬱・・。


まだ小さかったこの子には

一変した大人たちの事情が

辛すぎたと思います。


泣きじゃくっていた

孫の姿を思い出すと胸が締め付けられます。



くそまじめで

嫁の言いなりの息子

完璧主義の嫁

大人の言うことをきちんと聞く孫。



・・先のことを心配すれば

きりがないから。


今日が穏やかに過ぎれば

ただ感謝。


テレビの番組で

大好きだったお婆ちゃんの遺言を叶える為に

ガンジス川に散骨する若者が出ていました。



いつか孫が

そんな風に思ってくれる祖母になれたら・・。



死んじゃってからじゃ

分からないからまぁいいか😑🌀






バッタ見っけ〜〜🍀🍀


分かるかな?



台風の夜はお産がいっぱい🐣✨

おはようございます。


暑いですね😵🌻💧


この前の台風の夜は

当直でした。


低気圧と満月と大潮?が合体したからか

お産もたくさんありました😆🏥


私たちが忙しいということは

将来を担うベビーの誕生ラッシュということで

大変ハッピーなことですね。

頑張らねば😤


しかし

不休不眠の当直の後は

家にたどり着いた途端


バタンキュー🌀🌀


そのまま意識消失💤💤💤


頑張れアラ還ナース😭


これでまた寿命が縮んだか・・。


良い子は早寝早起きしましょうね✨🌻





2番目の孫が

産まれたての頃🐣



これは

スイマーバーかな。

面白いですね😊✨