bunkoのブログ

黄昏ナースのばーばな日々

良心の呵責✨

連日テレビで物議を呼んでいる

日大アメフト部の会見。


あの偉い人たちには

良心の呵責という言葉は無いのか。


確かに

世の中は「ピュアな」気持ちだけでは

到底生きていけないのもわかる。


しかし

あの偉い人たちは

「人として」において

あの若者の足元にも及ばない。

社会的な地位や立場じゃなくて


「人として」。


どこにでも

社会的立場や収入の差?で

対応を変える人がいる。


ずっと若い頃

子育てがひと段落して復帰した

皮膚科外来で

忘れられない患者さんがおられた。



その患者さんはYさん。70代男性


メラノーマ。


進行の早い皮膚癌で

余命わずか。


山奥で

猟師をやっていて

尋常小学校卒業。


その頃

某トップレベルの医大卒の

院長やドクターの

いわゆる「白い巨塔」みたいな事が

田舎の総合病院にも

あったみたい。


担当だったまだ若いM先生は

生きる事の豊富な知識と

謙虚な人柄のYさんを

とても尊敬し、


「本当に立派な人って、Yさんのような人の事だ。」って

いつも言っていた。


間も無くYさんは

亡くなられたけど


「先生、すまねえなぁ。」

「先生、ありがとうなぁ。」が口癖。


そっとお葬式に参列したM先生は

「ものすごく沢山の人が並んでお焼香されていたよ。」って


涙を拭った。



あの頃のYさんの

穏やかな笑顔と


日大アメフト部の偉い人の顔。


同じ人間。


でも違う。


違う生き物に見える。


自分ももう若くない。


年齢の分、

職場でも

スタッフへの言葉の影響力や

責任を常に感じている。


良心の呵責に耐えられないような事は

やってはいけない。


あの偉い人たちは

それ以前に

良心の呵責を感じているのだろうか?



寂しい気持ちと大尾山🍀😆

まだまだ寂しがっています。


「山歩き出来るくらいなら

元気じゃ〜〜ん」って

友達が背を向けました😭


でも

寂しいんです😢



更年期の声をきいてから

気持ちが沈むことが多くなり、

婦人科の先生に相談したことがあります。


そこで

問診してくれた助産師さんとの会話



私 「何だか気持ちが沈んで

楽しいと思えないんです。」


助産師さん 「世の中、楽しいことなんて無いわよ」


私 「食事もおいしいと思えないんです」


助産師さん 「太るから食べなくていいわよ。」


私 「あまり眠れないんです。」


助産師さん 「ちょっとくらい寝なくてもいいのよ」


・・・


こ、これって

荒療法ってやつ?😭😭😭




あれから

数年。


周りの、


いわゆる「リア充」の友人の話を聞くたびに

「自分の毎日は

なんてつまらないんだろう」

って

寂しくてたまらなくなったりします。



先日は

近くの大尾山に

初めて登りました。


初めての場所。

初めてメンバー。



2才の孫が

初めてオモチャや

初めて聞く言葉

初めて行く場所にはしゃぐように


この歳になっても

「初めて」の体験は

感動になって、

沈んでくすんだ気持ちを

磨いてくれたような気がしました。


「感動する脳」とか

本で読んだことがあったけど


沈んで

もやもやして


ひとに疲れてる暇があったら・・


リア充の誰かを

羨ましがったり

卑屈になってる暇があったら・・


自分で

新しい場所に行って

新しい体験をして

新しいことを考えて


ひょうひょうと

息をして


風に飛ばされないように


生きていこうか・・。






花ミョウガだそうです。


寂しい気持ちと粟ヶ岳🍀✨

まだ寂しがっています。


寂しがりです。


家でぼーっとしてると

家事の合間に・・じゃなくて


スマホやテレビの合間に

家事・・って事をやってしまうので

粟ヶ岳に登って来ました。


8時半頃に

麓のいっぷく茶屋に着いて

いざ出発!


今年7回目だけど

ひとりで登るのは

初めて。


坂道続きのこの山は

世界農業遺産になっていて

振り返ると

美しい茶畑が広がっている。


「はぁはぁ・・」

「心臓バクバク・・」


今日は気温も湿度も高い。


すでに

駆け下りて来られる紳士淑女の皆さんは

元気元気!


「おはようございます。」

「頑張って!」


弾む声が通り過ぎる。


「はぁはぁ・・」

「ぜぇぜぇ」


・・・死ぬかも〜〜〜〜( ̄◇ ̄;)💦💦



・・い、いや


まだここで死ぬわけにはいかない。


今日のファッションは

気合いが入ってないし、

下着はあれだし、



靴も・・臭うかも。


(>人<;)💦💦



山頂まで登れば

帰りは下り坂を降りるだけ。


途中の日陰で

腰を下ろし

バナナをもぐもぐ・・・


お茶をゴクゴク。


バナナをもぐもぐ・・。


お茶をゴクゴク。



バナナを・・🍌



早くのぼらんかい‼️



自分を叱咤激励しながら

のろのろ

よたよた

坂道を登る。


「暑いですね!」

「きついですね!」

「もう少し、頑張って!」



下る皆さんは

とっても元気で優しい😭



命がけで(⁉︎)


着いた山頂の阿わ波神社⛩


引いたおみくじは


大吉✨👍



やったぁ〜〜(*´∇`*)✨✨


元気はつらつ

オロナミンC✨


生きてて良かった。



帰り道では


「ここでひと休みしたな。」


「ここでバナナ食べたな。」


「ここで胸がバクバクしたな。」


「ここでバナナ食べたな。🍌」


って


生きた証を辿りながら歩いた


(おぃ‼️)


ひとりは寂しい。


でも

ひとにも疲れる。


クセがなくて

聞き上手で

優しい人がいい。



そんなひとになりたい。








ラムネ久しぶりに飲んだ。


開けかた分からなかった。